1.2着 鼻差負け<=>同着

2018年1月24日

これまた1月8日中山7Rでの出来事
②タガノヴィッターから自信の勝負を敢行したのだ!
4コーナー辺りでは石橋脩君も余裕の手応えであった為勝利を確信
後は変なの連れて来いと思って見ていたが
最終的にはアレヨアレヨで一番人気の菜々子Jとの鼻面を合わせてのゴール
個人的にはタガノが余裕で勝ったと思い早速オッズを確認、馬連21.3倍 馬単42.3倍、三連複10660円も持っている
「よっしゃー!まあ単勝5.7倍 馬単40倍も付けば御の字かと確定を待つばかり」

何度もリプレイを見直したがヨシ、タガノが勝っていると確信
だが一向にに確定ランプが出ないではないか・・不安が頭をの中をよぎる
「もしかして同着、うんなこたないわなーと自問自答」

しかし、結果は残酷にも1.2着同着 アチャー・・・。
まあこんな経験何度でもありますが、今回ばかりは余裕で残したと思いましたが
上記のゴール前の判定写真を見て納得せざるを得ない状況となりました。
後で知ったのですが菜々子Jは勝ったかとコメントされていた様です。
同着でも外れるよりはマシと言う事であきらめますが配当の差は大きい。

それにしても石橋脩君、あの展開、絶好の手応えだったのに少しばかり勝ち急いだ感がしたのは私ばかりではないだろうか?
ガムシャラに追うのはいいが、もう少し回りをみて冷静に対応していればもう少し楽に勝てたレースだと思ったのだが。
何かひと昔前の松岡騎手のガムシャラ追いと同じ様に見えてしまった。
いわゆる勝ちたいのはわかるが、心と体が噛み合っていない焦りの騎乗

折角下記の記事でも紹介している様に今年の期待の騎手奮起を望みたいですね!
http://carlosnokeibayosou.site/2017/12/30/post-401/

ここいらはルメール騎手が抜群に上手い、レース中は回りの動きが見えているのであろう
焦りの行動など一切見せない感じの絶妙騎乗
ライバルのデムーロ騎手は剛腕的イメージとは対象的ではあるが。

予想する側、馬券を買う側も一緒の様で
焦って負けて取り返そうと意気込んでも負けは膨らむばかり
冷静沈着に黙って獲物を待つ様な心構えが重要ですね!

人気ブログランキング参加中です
更新の励みになりますので
応援よろしくお願いします。

オッズ特注馬出現や直前オッズは
Twitterからもお知らせします。
https://twitter.com/ykigonn

スポンサーリンク