先週のレース回顧と今週の重賞AJCC、東海Sの注目馬!

2019年1月17日

皆さんこんばんは!

年初の金杯明けの三日間開催は無駄なレースを買い込むな、手を出すな」自分で警鐘を鳴らしておきながら、あれやこれやと手わ出すわ、勝負レースは惨敗!

散々な結果となり申し訳ございませんでした。

最後の京王杯も一矢を報いたと思ったのが、肝心の3着がスッコ抜けで、個人的にも対外的にも残念な結果となりました。

オッズ派の自分にとってもスッキリしない週となりましたが、自分の予想スタイルの焦点がぶれることなく、今週は気を取り直して行きたい処です。

 

先週の予想結果

土曜日

中山11R フェアリーS

1着 ★フィリアプーラ 3番人気
2着 △ホウオウカトリーヌ 4番人気
3着 △グレイスアン 5番人気

8着 ◎チビラーサン 8番人気

本命のチビラーサンは出遅れと言うか、こんな脚質と言うか、田辺君の思惑と言うべきかスタートした時点で負けを覚悟。差し込んで来るのはチビラーサンか勝馬のフィリアプーラかアゴベイの3頭の内のどれか一つと思っていたのだが・・・。

ルメールが乗ってこなかったノーザンさん関係馬のフィリアプーラが鞍上が丸山君だった事で迷った挙句に★評価とは情けない。

 

日曜日

【京都11R 日経新春杯

1着 △グローリーヴェイズ 1番人気
2着 △ルックトゥワイス 5番人気
3着 ▲シュペルミエール 3番人気

11着 ◎ウインテンダネス 7番人気

オッズからは売れに売れたアフリカンゴールドとシュペルミエールの2頭を推奨も。

何故か気になった内田ウインテンダネスを本命視した訳だが・・・。パドックの気配は抜群に良く見えた処で、肝心のレースも道中3コーナー手前付近では絶好位に位置しており期待は膨らんだのだが?武豊のメイショウテッコンが一気に捲って行った展開にも内田騎手が無反応と言うか馬も無反応、いつもの内田騎手ならここぞとばかりに合わせて行くはずだのだが・・・・・。最後まで見せ場は無く惨敗。

ミナリク騎手と調教の動きでケチを付けていたアフリカンゴールドではなく、素直にシュペルミエールから入っていれば三連複は的中出来たかもですがトリガミです。

 

月曜日

【中山9R

6着 ◎マルヨシャバリー 2番人気

相手候補の2番手、3番手に挙げた馬で決着。3番手評価の勝馬の6番人気ペディヴェア(単勝1900円)のオッズ異常を感知しての評価だっただけに悔やまれる一戦。既に弱気の虫が騒いでいたのかも・・・。

 

【京都9R

10着 ◎プロスパラズデイズ 1番人気

本命馬の大敗には正直驚いた。パドックでは目をひん剥いて気合十分の様に見えたのだが、本当は馬自身が既に燃え尽きていたのかも・・・。

★馬体的にはこのクラスの馬では無い様に映る。モハメド殿下も、さぞお怒りの事と推測されますね。
次走、川田君辺りが乗って来るならば迷わず買いとMy注目馬欄に追記しておきました。

敗軍の将、大宰騎手のコメントにも又ビックリ!!

「勝負どころから一回も足を使う処がありませんでした。連続して好走したことのない馬ではありますが、どうしたのかよくわかりません」

連続して好走したことのない馬
確かに成績を見ればそのとうりだが、1番人気を背負ってのコノ敗戦の弁とは、ハッキリ言ってソコを何とかして欲しかったのですが!

いかんいかん騎手のせいにしたらお終いですね。

しかしながら個人的には、もう人気した時の大宰君を買うことは無いでしょう。人気薄での内枠か外枠からの逃げしか買わないと心に決めた次第です。

 

【中山10R

9着 ◎ベック 7番人気

オッズ的には明らかに気配のあった同馬だったが
ゲートが開いた瞬間にどれか出遅れたなと思ったらベックでした。この時点でチーンでした(泣き)

 

【中山11R 京成杯

1着 ◎ラストドラフト 4番人気
2着 相手3番手評価 ランフォザローゼス 2番人気
3着 無 ヒンドゥタイムズ 7番人気

単勝510円
馬連970円
馬単1690円
(参考 三連複5490円 3連単22140円)

結果的にはルメール騎手で単勝510円も付けたラストドラフトが完勝。当日の売れ行きは今一つだったのですが、前日に三連系が馬券が目立って売れていただけに推奨した次第。

それにしても、汚名挽回のチャンスだったハズが、3着の中谷君のヒンドゥタイムズを嫌って抜け目となり三連系は取り逃がし。焼け石に水状態となり万事休す。

三連続開催の流れを変える事は出来ませんでした・・・。


 

さて今週は流れを取り戻すべく予習の最中ですが

注目の重賞はアメリカJCCに東海S

 

アメリカJCCは
4歳の雄フィエールマンが出走予定。海外遠征も視野に入れてか異例の早期始動での出走。彼の目には既に海外の風景が映っているのかも。

コレと言った逆転候補も見当たらず逆らうのは無謀か。焦点は2.3着争い、小頭数であることからも決め打ちをしたい処。

 

東海Sの方も
目下5連勝中のインティが初めての重賞挑戦、更なる大舞台へ!と見出しが躍っている様で断然人気が予想される状況ですが、未勝利、500、1000、1600万からの一気のG2挑戦に不安があるのも確か。

そんな中このレース抜群の安定感を誇る注目馬を上げて置きます。

 

 

人気ブログランキング参加中です
応援クリックの方をお願いします。


にほんブログ村 競馬ブログへ

オッズ特注馬出現や直前オッズは
Twitterからもお知らせします
https://twitter.com/ykigonn

スポンサーリンク