先週のレース回顧/ターコイズSはアノ騎手の意地の巻き返しに期待!

阪神JFのゴール後、静まり帰った阪神競馬場、あの何とも言えない雰囲気は・・。

大半の方がリアアメリアからの馬券を購入されているハズですので、その方達の溜息と思われます。

自分は他の馬ロータスランドで悶絶・・・。

それにしても売れに売れたリアアメリア号!

百万単位処か数千万単位で入る単複投票には驚きだ!

日本国民のボーナス支給が成せる技なのか。

自分の記憶に寄ると、あのアーモンドアイ以上では無かろうか?

パドックでは少し入れ込んでいた様ですが、まさか馬券圏外の6着に沈むとは誰もが予想していなかった事でしょう。

川田騎手レース後のコメント

「終始進んで行かないまま終わってしまいました。その原因はこれから探って行きたいと思います。」 との事です。

◎のウーマンズハートも位置を取りに行く作戦もレコード決着のレースでは前二戦のドスローからの上がり勝負とは違い、戸惑ってしまったのでしょうか?馬体的には良いモノがありますし経験を積んでの活躍に期待します。

中山のカペラSの方も不安視していた藤田菜々子騎手のコパノキッキングが横綱相撲で見事な勝利を収め、東西重賞予想が外れとなりご迷惑をお掛け致しまして申し訳ありません。

菜々子騎手の重賞初制覇はココでしたか!

完全に見誤りました。
素直に菜々子騎手、Drコパさん優勝おめでとうございます。

今考えれば逃げると分かっている◎ゴールドクイーンは他の騎手から見れば格好の標的、餌食。
「そうは問屋が卸さない」でした。

実は個人的には中京2レースの◎シュバルツリッター(前走不利あり)と◎ロイヤルパーパス(距離短縮の前走で見所あり)からの2頭軸で勝負しましたが、(結果5着、2着)。一瞬は出来上がった様に見えた2頭の馬券ですが、頼みのシュバルツリッターが又もや直線で右往左往して万事休す。少なめに買ったロイヤルパーパスからの複勝、馬連16810円が100円のみの的中となり、しくじりオジサンとなりました。

自分にしては珍しく買い込んでいましたので負けはしませんでしたがチョイプラスに終わり意気消沈してしまい、午前中はこれで店仕舞い。

そんな気持ちの中、例によって更新したワードプレスのテーマをいじっている内に難問にぶつかり、気付いた時にはメインレースの時間となった次第。

結果はご想像のとうり馬券は買わなくて良かった状態でした。

ブログの不具合としてTwitterのタイムライン機能が動作不良となりまして

通常はブログ記事をUPすれば、Twitter連携(タイムライン表示)と言うヤツで、Twitterの方にも、すぐに反映されるのですが、今日の記事は上手く反映されていません。
(結果的には反映されず犠牲者を増やさずに結果オーライ)

アラフォーならぬ、アラシックスの自分にとって、ブログ作成の不具合対応は可成りの負担増となってしまいました(泣き)

しかしながら、ボケ防止にも役立ちますし、何としても立ちはだかる難関に立ち向かっていく所存です。

又、どうでもいい事を書いてしまいましたので、皆さんからお叱りを受けそうです。

先週の教訓

ポイント

やはり競馬は逃げ先行、内枠有利は鉄則。
レース展開、ペースにも因りますが外を廻していては余程の能力差が無い限り厳しい。逆に言えば外を廻して勝つ馬は強いと言う事です。


所詮、クラス分けをされた競走馬の世界はドングリの背比べ、余程の能力差が無い限りは展開、枠順で結果はコロコロ変わると言う事です。


今日のレースを見ていて中山の芝は特に外側は伸びない(有馬記念注意)阪神JFのレースを見ても然りですので改めて痛感した次第。
来週からは少し考えを改めた予想にして行きたいと思っています。

今週の朝日杯FSの注目馬

まずは前走からの注目はレッドベルジュール

前走は+28キロの馬体重増での出走であったが、見た目には全く太く見えず付くべき処に肉が付いたと言うのが正解。恥ずかしながら、こんな馬がいたとは露知らず。肝心のレースの方も、いくら内がポッカリ開いたとしても、あれだけの脚は簡単には使えないはず。これから先は注目とMy注目馬に登録したいきさつがある馬。今回の1周前追い切りでも頭が高く上に上に進んでいくような走りでしたがゴールを過ぎてからもしっかりと終われ本番へ向けて体制は整いつつあるとみます。

一言で言うと搭載エンジン、排気量の違いが感じられる馬。最終追い切りにも注目です。

(前走のレース回顧記事)

ターコイズSの注目馬

想定人気では、コントラチェックにシゲルピンクダイヤ辺りが人気の様ですが、推奨馬は前走の自己条件でアッサリと巻き返し。負かした相手も、これから活躍して来ると思われる牡馬ゴータイミング、イェットを下しての内容だけに価値がある。秋華賞でも3番人気に支持された様に素質の高さが伺い知れる。このメンバーなら冬の中山経験済みと、軽ハンデも味方につけての一発に期待したい。




人気ブログランキング参加中です
応援クリックの方をお願いします。

にほんブログ村 競馬ブログへ

オッズ特注馬出現や直前オッズは
Twitterからもお知らせします。

スポンサーリンク