備忘録的ブログへ変化中?/(申し訳ありません)

2020年2月13日

皆さん おはようございます!

今日は祭日ですが朝早く目が覚めてしまいましたので、溜まっているお仕事をこなしている処です。

珍しく[最強]競馬ブログランキングさんへの

提出予想(東京新聞杯)が当たり沢山のアクセスを頂きまして有難うございます。

 

例によって土日は軟禁状態、ブログ更新もままならず、申し訳ありません。

こんな時に限って最強ブログランキングさんへの提出予想は当りとは残念です。

 

土曜日の午後3時頃には家電量販店のテレビチャンネルを勝手にいじって競馬中継にする失態を演じ、店員さんからお叱りを受ける始末・・・。

皆さんも、この場面は容易に想像が出来るかと(苦笑)

 

最近は備忘録的なのブログとなっておりますが、お許しの程をお願い致します。

「備忘録、忘備録」と似たような感じですが下記の様に違いがある様で勉強になりました。

備忘録(びぼうろく)
記憶すべき事柄を簡単にメモするための個人的な雑記帳であ

忘備録(ぼうびろく)
本来は誤記だが(忘れるのに備える記録で備忘録)、和製漢語の造語法としては自然なため(目的語+動詞)、普通に用いられている

2年近く、ブログをやっていますと2年前のきさらぎ賞の印は、昨年の印はどうだったか?知りたい場合はアーカイブ=備忘録がありますので、すぐに調べる事も出来まして便利ですね。

当ブログも右上に検索窓がありますので、そこへ検索したい文字を入力すれば一撃で出てきますのでお試しあれ。

因みに2年前の記事がコチラ

↓↓

デビュー勝ちしたばかりのコパノキッキングを早くも持ち上げて、当時のブラストワンピースも持ち上げていた管理人の相馬眼も悪くはない様で?

自分の場合、忘れるのに備える忘備録が正しいのか解りません・・・・。

 

先週のレース回顧

何と言っても先週のレースからでは度肝を抜かれたのは

土曜日京都10RエルフィンSの勝ち馬

デアリングタクト!

コパノキッキング、ブラストワンピースは元より、あのアーモンドアイを彷彿させる様な勝ち振りには正直びっくり!

デアリングタクト
(牝3・栗東・杉山晴紀)
父:エピファネイア
母:デアリングバード
母父:キングカメハメハ
馬主:ノルマンディーサラブレッドレーシング
生産者:長谷川牧場

 デビュー戦でも直線では進路を捜す不利が有りながらも、抜け出してからの脚は圧巻の一言。すかさずMy注目馬に登録したのですが2戦目も御周知のとうり圧巻の走り。

並み居る人気の有力馬、シーザリオの仔ファーストフェリオ(8着)、シンハライトの全妹ライティア(2着)等を問題とせず、後方待機から外へ進路を取ると一瞬に抜け出して来た。

鞍上の松山君も「非常に強かったです。初戦で切れる脚があるのは分かっていた・・・まだ余裕があった。着差以上に強かったです」

無事に行けばノルマンディーさんの久々のクラッシック戦線での期待の一頭と申し上げて置きます。

 

【日曜日】京都11R きさらぎ賞(最強ブログランキング提出予想)

△コルテジア・・1着(7番人気)
〇ストーンリッジ・・2着(4番人気)
◎アルジャンナ・・・3着(1番人気)

🎯  三連複2940円

 

小頭数の為に、あまり触手が伸びないレースとなり、当てに行った?置きに行った印となりました。

単勝1.5倍のアルジャンナは外から伸びず3着が精一杯。パドックで入れ込んでいましたので精神面が影響したのかは分かりませんが?追い切りもテンションを上げない為に坂路のみの調整と気にはなっていたのですが案の上でした。この馬の場合、CWコースで一杯に追われてきたら勝負と覚えて置きたい。(正に備忘録)

最近、川田君の外枠を引いた人気馬は良く飛んでいる様ですので、この点も気にして置きたい。

オッズ的に気配を見せていたのはストーンリッジ。鞍上がヘタルケ(失礼)シュタルケ騎手だった為に対抗評価に留めましたが、こちらからが正解でしたか、何とも弱気な予想となりました。

勝ったコルテジアは舐められたブービー人気でしたが、好位インポケットで温存して直線は馬場の良い外目に出して抜け出すという、これまた松山君の好騎乗が光った一戦となりました。

武豊先生の前走のコメント「最後までバテそうになかったですよ」を頂いたギベルティはパドックの気配もまずまずで期待していたのですが、逃げてアッサリ捕まった様に期待倒れに終わってしまいました。ゴドルフィンさんのクラッシックへの夢は遠い道のりとなりそうです。

【東京11R 東京新聞杯】(最強ブログランキング提出予想)

◎プリモシーン・・1着(4番人気)
△シャドウディーヴァ・・2着(6番人気)
△クリノガウディー・・・3着(5番人気)

🎯  馬連7270円 馬単12920円 三連複19730円

勝ち馬◎プリモシーンを押した理由としては

・前走のマイルCSでは内に包まれて身動きが取れない様な中でも踏ん張れていた

・前日オッズより連勝系に不穏な動きがあった事(直前は入らず)

・今回の追い切り内容に変化が、長め6FからのWコース追い

等がありましたが、最後はデムーロ騎手の渾身騎乗が救ってくれたのも間違いありません。

2着の△シャドウディーヴァは岩田康成騎手が美南Wに駆け付けて行った1週間前追い切りが何とも怪しく言わずと知れた斎藤誠調教師との名コンビ健在なり。

実はこのコンビと言うかトリオですが続く最終12レースの6番人気で頭差の2着と惜敗したココフィーユと同じ馬主、厩舎、騎手でしたね!まさに勝負の2鞍をハメられた訳ですが恐るべし。

勝負の時は渾身のムチを振るう勝負師、岩田康成!

オンオフがハッキリしていて買い時が分かり易い大好きな騎手の一人です。

3着のクリノガウディーも栗東の藤沢則雄先生が、わざわざ"策士"横山典騎手に依頼した事が挙げられます。

人気のレッドヴェイロンは坂路の動きは抜群に良く見えたのですがフタを開けてみたオッズは意外と甘かった様です。恐らく前走の不良馬場での目一杯のレース、ムーア様の気迫に満ち溢れたプレーも良いが馬自身には相当な負担が掛かっていたのではないでしょうか・・・・?

ヴァンドギャルドも忘れた頃のユーイチ君技が出現、出遅れも痛かったが最後の直線でも外へ出すロスがあり、ソコからまた伸びているだけに残念なレースとなりました。

以上 ブログには挙げる事が出来ず残念でしたが

ブログ更新の時間が無い場合でも重賞予想だけは下記バナーサイト内の「今週の重賞ブロガー予想印」の方にUPしています。他のブロガーさんの印を見る事が出来ますので、どうかご参考に!

今週の重賞よりの注目馬

まずは共同通信杯からの注目馬

初東上となるマイラプソディの一本かぶりが予想されるですが、相手筆頭はデビュー戦からMy注目馬への登録がある馬が出走。写真でみる立ち姿は力強く、この時期にしては毛艶もピカピカの様だ。過去3戦ともに最速の上がり、父も走った東京の直線が合わないはずはないと思います。

 

京都記念からの注目馬

今の処は何とも淋しい10頭立てのレースとなりそうですが本命はこの馬を考えています。

1週前のCWの動きに好感。写真のとうり以前に比べ胸前の筋肉が盛り上がっており随分とたくましくなって来た様だ。ジックリと間隔を開けられての京都コースへの参戦。3度目の対決(2勝1敗)となる同期ライバルとの闘いに焦点が集まりそうだが勝つのはコチラではないかと思っています。

 




人気ブログランキング参加中です
応援クリックの方をお願いします。

にほんブログ村 競馬ブログへ

オッズ特注馬出現や直前オッズは
Twitterからもお知らせします。

スポンサーリンク